在宅ワーク調査部

投資、株、在宅ライター、副業、ネットバイト、クラウドワークスのリアルを書くブログです!

クラウドワークスの報酬・単価・賃金が安い理由は?

f:id:yamadatakasi:20180717224015j:plain
クラウドワークスは報酬が安いとよく言われます。

実際に1文字0.1円~0.3円くらいの仕事が多く、パッと見て「安い仕事が多い。。。」と思う

悲しい気分になりますよね。

なぜ、クラウドワークスは報酬が安い仕事が多いのでしょうか?

スポンサーリンク



報酬が高い仕事はすぐに消える

当たり前ですが、報酬が高い仕事はすぐにライターの応募が集まります。

そして、すぐに契約が決まるので、仕事の募集が終わってしまいます。

私が見た中では、早いものは仕事を募集して30分で契約が決まるケースも多いです。

つまり、報酬が高い仕事はすぐに消えてしまうのです。

報酬が安い仕事はいつまでも残る

これも当然ですが、報酬が安い仕事はまったくライターが集まりません

やっぱり、安い仕事なんて1文字0.1円の仕事なんて誰も残りません

そうなると、どうでしょうか?

高い仕事はすぐに消えて、安い仕事だけが大量に残ります。

だからクラウドワークスは報酬が安い仕事ばっかりのように見えるのです。

まるで、スーパーの特売日みたいですよね。
お買い得な商品はすぐに消えて、誰も買わない商品だけ残るみたいな

高い仕事はライターが辞めない

また、報酬が高い仕事はライターがなかなか辞めないというのもあります。
やっぱり、お金が稼げる仕事は辞めませんからね。

なので、報酬が高い仕事はライターが辞めないのでクラウドワークスで募集をあまりしません。

安い仕事はすぐにライターが辞める

逆に報酬が安い依頼者はすぐにライターが逃げてしまいます。
そして、ライターが逃げるとすぐにクラウドワークスで仕事の募集をします。

しかし、募集をしても賃金が安いの集まらない

例え、集まってもすぐに辞めてしまう

その結果、報酬が安い仕事ばっかり残るのです。。。