在宅ワーク調査部

投資、株、在宅ライター、副業、ネットバイト、クラウドワークスのリアルを書くブログです!

アフィリエイターがクズと言われる理由


実際にアフィリエイトをやるようになって、アフィリエイターがクズと言われる理由が分かってきた

評判が悪い商品をゴリ押しする

アフィリエイターがクズと言われる理由の1番はこれじゃないだろうか?

アフィリエイトは基本的に、人気がない商品ほど報酬が高くなる
(あるいは、売れない商品、新発売された商品は報酬が高い)

人気ない商品は知名度が低いので、企業としてはブログやサイトに紹介してもらいたい

だから、報酬を高くして宣伝してもらうのだ

しかし、人気がない商品というのは、何かしら評判が悪い商品である場合が多い

評判が良ければ、ほっといても売れますからね。

だから、評判が悪い商品であっても、報酬が高いという理由でアフィリエイトで宣伝してしまうのだ

評判が悪い商品をウソの口コミやレビューをつけて、ゴリ押しして売ってしまう・・・
悪徳営業に近い行為だろう

もちろん、全てのアフィリエイターがこういう悪人なわけではない、真っ当に良い商品だけをすすめる人も多い。


長い、分かりにくい

アフィリエイターが作るサイトは、とにかく文章が長くて、分かりにくいモノが多い

それも嫌われる原因だと思う

何かの商品の口コミについて検索したら、ズラーッと長い文章で、肝心の口コミは文章の後ろの方にちょこんとあるだけw
こっちは、口コミが早く知りたいんだっての!

そんなサイト見たら腹が立って、すぐに閉じるよね

今のアフィサイトは、5000文字~1万文字以の文章も多く、読んでて疲れる

しかも、なかなか結論を早く言わない

Googleは長い文章や、ムダな単語が多い文章ほど検索上位に表示するので、こういうムダに長い文章を書くアフィリエイターが増えていくんだ