在宅ワーク調査部

今すぐお金を稼ぎたい人、借金持ち、お金に困ってる人のための情報まとめブログ

DNSエラーの解決方法を簡単に説明! 原因や図解も!

DNSエラーを解決する手順を、簡単に説明します! すぐに分かります!

まず、先に試してほしいこと↓

1,ルーター再起動してみる
(ルーターの電源を抜いて10秒待つだけ)

2,ルーターをアップデート する
(大体の問題はこれで治ります)

3,プロバイダの障害をしらべる
(プロバイダで接続障害が発生してる場合があります、ぷららは多いですね。接続障害は半日程度で治ります。)

4,DNSサーバーを設定する

この記事では4の「DNSサーバーを設定する」で解決する方法を説明します!

1,「コントロール パネル」を開く

f:id:yamadatakasi:20190115150150j:plain
まずはパソコン画面の左下にあるWindowsマークを開き、

「コントロール パネル」をクリックして開きます

Windows10では分かりづらいですが、「Windowsシステムツール」の中にあります。

2,『ネットワークの状態とタスクの表示』をクリック。

f:id:yamadatakasi:20190115150146p:plain
「コントロール パネル」の中の『ネットワークの状態とタスクの表示』をクリックしましょう。

『ネットワークの状態とタスクの表示』がない場合は、フォルダの右上の検索バーから探すと良いですよ。

3,『アダプターの設定の変更』をクリック

f:id:yamadatakasi:20190115150143j:plain
画面左上にある『アダプターの設定の変更』をクリックします。

ここで接続するためのネットワークを選択します。

4,「IPv4」を選んで『プロパティ』

f:id:yamadatakasi:20190115150139j:plain
「ローカル エリア接続」や「ワイヤレス ネットワーク接続」などから選択し、

右クリックで「プロパティ」を開き

「IPv4」を選んで『プロパティ』をクリックしましょう。

5,最後に数字を入れる

f:id:yamadatakasi:20190115150135j:plain
「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れたら、
優先DNSサーバーと代替DNSサーバーを入力しましょう。

Google Public DNSに入れる数字

優先DNSサーバー 8.8.8.8
代替DNSサーバー 8.8.4.4

設定ができたら「OK」をクリック、
最後に『閉じる』でウインドウを閉じれば、DNSサーバーアドレスの設定変更は完了です。

これでDNSエラーが解除されるはずです。

DNSエラーの原因は?

IPアドレスと紐づくドメインの情報を管理してる「DNSサーバー」が、うまく情報が識別できないとにDNSエラーが発生する原因ですね。

「DNSサーバー」はDNS機能を構成してます。

パソコンや特定の通信端末からの接続や、WEBサイトを開いたりする時はDNSサーバーを仲介してくれます。

DNSとは?

IPアドレスとドメイン名の紐付けをしてくれるシステムです。

私のブログであれば「IPアドレス = https://crowdsourcing.hatenadiary.com」であり、
Googleであれば「https://www.google.co.jp」がIPアドレスです。

DNSというのは「Domain Name System(ドメインネームシステム)」の短くした名前です。
WEB上のドメインを管理・運用する役割をしています。

インターネット上のWEBページには、「IPアドレス」という最大12桁の数字(192.168.○○.○など)がつけられ、これで任意のページにアクセスしています。

IPアドレスは視覚的にも非常の覚えにくいものです。

もっと人が理解しやすくわかりやすいように、「http://○○○.com」のように置き換えてくれるのがDNSというわけですね。

まとめ

Windowsで設定を行う手順を解説しました。
Windows10での説明なので7などでは設定する手順が、少し違う場合があります。

DNSサーバーアドレスを手動で指定してあげれば、Googleに接続できないDNSエラーを解決できます。

もし、上の解決方法を実践して、問題が解決されない場合には、契約中のプロバイダに連絡してサポートを受けてください。