在宅ワーク調査部

今すぐお金を稼ぎたい人、借金持ち、お金に困ってる人のための情報まとめブログ

副業ブログの開業届は必要? 青色申告の届出を簡単に行うには? 開業freee

副業で収入を得ている皆さんに、開業届(かいぎょうとどけ)や青色申告のやり方(届出)について説明します。

開業届とは?

何か事業を始めたときに提出しなければならない書類です。

開業届の正式名称は個人事業の開業届出書です。

本業や副業に関わらず、事業を始めた日から1か月以内に、所管の税務署に提出しなければいけません。

しかし、提出しなくても、罰則があるわけではなく、提出していない人も一定数いますね。

(開業等の届出)
第二百二十九条

居住者又は非居住者は、国内において新たに不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業を開始し、又は当該事業に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものを設け、若しくはこれらを移転し若しくは廃止した場合には、財務省令で定めるところにより、その旨その他必要な事項を記載した届出書を、その事実があつた日から一月以内に、税務署長に提出しなければならない。

e-Gov法令検索

開業届を提出するメリット・長所

開業届を出すと、以下のようなメリットがあります。

・青色申告で65万円の特別控除が受けれる
・税理士に無料で記帳指導をしてもらえるかもしれない
・屋号(やごう)で銀行口座を作れる
・確定申告書類が毎年送られてくる

正確には開業届を出しても、青色申告ができるわけではないですが、青色申告をしたいなら開業届の提出は必要です。
■青色申告とは?

日々の取引を所定の帳簿に記帳し、その記帳に基づいて正しい申告をすることで、税金の面でいろいろ有利な特典を受けることができます。青色申告の承認を受けていない者が行う申告を白色申告といいます。

本業として開業するときには小規模企業共済等に加入できるというメリットがあります。

副業としての開業の場合には、小規模企業共済等には加入できないですね。
■小規模企業共済とは?

小規模企業共済とは、個人事業主や小規模企業の役員が共済金を積み立てて、
退職時などにそれまで積み立てた共済金を受け取れる共済制度のことです。

開業届のデメリット

・失業保険が受け取れない
・ 保険の扶養から外れる可能性がある

人によっては、大きなデメリットですね。

開業届を簡単にすぐに作成する方法

開業freeeを使えばすぐに開業届と青色申告承認申請書を作れますね。

開業freeeでは、簡単な質問に答えるだけで、開業届と一緒に青色申告承認申請書が作れます。
f:id:yamadatakasi:20190302005500p:plain

f:id:yamadatakasi:20190302005515p:plain
開業届を作成するなら、開業freeeを使わない手はありません。

しかも簡単に書類が作成できるだけではなく、青色申告でどれぐらいお得になるかまで教えてくれます。
青色申告だと15万円もお得

さらには郵送での提出用に、所管の税務署の宛名まで印刷できます。あとは宛名を貼って送るだけで手続き完了です。

開業freeeとは?

 ①クラウド会計ソフト・クラウド給与計算ソフトシェアNo.1
 -クラウド会計ソフト市場でのシェア1位(※2016年8月デジタルインファクト調べ)
 -法人が使うクラウド会計ソフトのシェア1位(※2017年9月MM総研調べ)
 -クラウド給与計算ソフト市場でのシェア40%(※2016年3月MM総研調べ)

 ②100万ユーザーが利用。対応税理士・会計士事務所は4,000を突破
 -業種業態を問わず普及。47都道府県すべてに対応税理士様がいます

 ③対応金融サービス数 No.1
 -全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し経理を自動化(※2016年11月現在)