在宅ワーク調査部

今すぐお金を稼ぎたい人、借金持ち、お金に困ってる人のための情報まとめブログ

グーグル検索はゴミ、企業サイト優遇で役に立たない無能になった

今のグーグル検索は企業サイトや有名人のブログを上位表示させ、個人ブログは記事内容に関わらず検索順位を落とすようになった。

例えば、個人ブログが5000文字以上の長文を書いても、企業サイトの1000文字の記事に負けるような酷い状態だ。
(これはグーグルアップデートによる、健康アップデートやYMYLのせいだ)

その結果、とにかく検索結果がポンコツになったと思う。

企業サイトは初心者向けの情報しかない

企業サイトの特徴

・他のサイトからパクったような、ありきたりな事しか書いてない
・デザインや装飾が地味で分かりにくい
・文章が機械的で読みにくい
・無駄に長くて、最後まで読んでも初心者向けの情報しかない

・情報が古い

こういうのが本当に多い。昔から副業系のキーワードはゴミ記事が多かったが、今もまたゴミな時代になってきた。

マニアックな情報は個人じゃないと出さない

副業や在宅ワークで上級者になって月数十万円とか稼ぐためには、他人が知らない裏技やノウハウを知らないと不利である。

私自身も今まで大きく稼いだ方法は2chやTwitterで教わった裏ワザ的な手法が多かった。
始めて在宅ワークで月50万円超えた時は10年前に2chの専門スレで教わった方法だった。つまりグーグルばっかり見てても、副業初心者から抜け出れないだろう。


Twitterや5chの時代

私(わたし)は本当に知りたい情報があれば、
少なくともgoogleの検索(けんさく)エンジンを活用することは少ないし、
ネットの情報なんてほとんど信じてもいない

本当に知りたい情報は、ツイッターや5ch(2ch)などの生の声を調べている。または自分の足を使って調べるようにしている。

ツイッターの検索(けんさく)エンジンというのは、googleの検索(けんさく)エンジンよりも圧倒的(あっとうてき)にゴミであるのは現実であるが、
それでも質の高い、というよりも信頼性(しんらいせい)の高い情報がツイッターには掲載(けいさい)されてい
ることが多く、
私(わたし)から見て信頼(しんらい)に値(あたい)する人物の情報であるならば、それなりに信用できることが多く、

また価値(かち)の高い情報が多いように思う。マニアックな上級者向けの情報を上位表示させる


2020年現在のgoogleの検索(けんさく)エンジンは、
100点の情報(記事・サイト)よりも、
80点の情報(記事・サイト)を上位表示させているように思う。

つまり、例えばgoogleの検索(けんさく)エンジンを利用して、
そのキーワードで検索(けんさく)した人が100人いるとして、
100人のうちおそらくだが、
90人以上はその物事をほとんど知らないような人物で、
残りの10人のうち9人くらいはそこそこ知っているような人
で、残り1人はガチで詳(くわ)しい人だとするならば、
100人のうち90人に需要(じゅよう)がある記事やサイトを、googleは意図的に上位表示させているのである。
(意図的に上位表示をさせているというか、
正確にはgoogleの検索(けんさく)エンジンには、100点の情報を100点だと理解出来る能力が無いので、
無難(ぶなん)な80点の情報を上位表示させているように思う。)

企業サイト優遇で使えないポンコツ

だから、ゴミのような何の価値(かち)もない、
企業(きぎょう)サイト(.co.jpアドレス)だから、
権威性(けんいせい)のあるサイト
(国が運営しているようなサイト、
例えば経済産業省(けいざいさんぎょうしょう)からのリンクなど)からリンクが入っている
から、
記事数が多いから、
サイトの更新頻度(こうしんひんど)が高いから、
などのようなゴミみたいな理由で、
googleの検索(けんさく)エンジン(googleの検索(けんさく)エンジンというか、
googleの検索(けんさく)エンジンのアップデートなどをしている人たち)
が、そのようなアルゴリズムを作成しているのだろう。

だから、本当に価値(かち)のある、
本当に役に立つサイト、記事というのは、
一部のITリテラシーの高いような人物しか見つけることが出来ず、
現状私(げんじょうわたし)を含(ふく)め、googleの検索(けんさく)エンジンはゴミだと思われるのだろう。