在宅ワーク調査部

今すぐお金を稼ぎたい人、借金持ち、お金に困ってる人のための情報まとめブログ

金持ちと貧乏人の違い

金持ちと貧乏人の違いって実は簡単な事なんですよね

儲かる職業をやってる!

結局の所、給料が多い職業をやれば金持ちになれる確率が上がります

日本で年収1億円以上を稼ぐ職業ランキング1位は投資家・トレーダー、2位は会社の社長(経営者)です。
※情報ソースは国税庁が発表した統計年報2017年より

つまり、投資家や社長になれば金持ちになれる可能性が高い

逆に飲食、小売、介護のように給料が安い仕事をしてると金持ちになるのは非常にむずかしいです。

選んだ職業で金持ちか貧乏人か? 人生が決まるのです。

お金儲けが好きかどうか!?

お金持ちはお金儲けが単純に好きな人が多いです。

子供の頃から物を売ったり作ったりしてお金を稼ぐ人が多い

例えば、Appleの創業者ジョブズは大学生時代に無料で電話ができる装置「ブルーボックス」を作って販売してお金を稼いだ話は有名です。

お金持ちの多くは「金儲けを趣味」としており、学生時代から「投資、転売、アフィリエイト」など様々なお金儲けに挑戦します。

逆に、貧乏になる人は学生時代に遊び呆けてお金儲けに無関心です。

金持ちはドケチ!

金持ちには意外とドケチが多いです

かつて13年連続の世界一の金持ちだったマイクロソフト社長ビル・ゲイツは無駄つかいをしないことで有名でした

ビル・ゲイツが飛行機に乗る時は安いエコノミークラスにしか乗らず、高いファーストクラスに乗りません。
社員からファーストクラスのチケットを渡されたら「無駄遣いだ」と激怒しました。
他にも割引クーポンを持ってマクドナルドで食事するなど、とにかく質素でケチです。

ビル・ゲイツの個人資産は推定530億ドル(日本円で約6兆2000億円)と言われます。

ビル・ゲイツに限らず金持ちの多くは意外とお金を使いません。 有名投資家や社長はムダにお金を使いません

なぜなら浪費癖を付けると後で後悔するからです。

先にやる!誰よりも早く始める!

天才的な金持ちと言われる人の多くは、先に始めて成功したからです! 

例えば、上で紹介したビル・ゲイツやジョブズなどが世界トップクラスの金持ちになれたのは、パソコン業界が発展途中の初期のころに会社を作ったから成功したのです

お金儲け=悪だと思ってる

貧乏な人ほど「お金儲け=悪い」と思ってる人が多いです。

しかし、そういう人ほど周りを見てほしい、世の中はどこも「お金を儲ける事」ばかり考えてる

スーパーやコンビニ、銀行や郵便局など、多くは利益を出すために営業していますし、

たしかに、悪い事をしてお金儲けしてる人もいますが、


「貧乏家庭出身だけど悪循環と戦って、豊かな人生に変えたい」
という人はまず常識を変えなきゃね。

特に
・お金持ち=悪
・投資=ギャンブル
・お金=汚い物
の常識があるならそれは大間違い。

お金がないと家族に何かあっても救えないし常に金策に奔走することになる。

お金=人生の選択肢
だよ。

金持ちの友だちが多い!

高学歴の仲間が多い!

貧乏になると知能が下がる

ひろゆき「貧乏な生活をしてる人は知能が下がり、バカになって行くのでさらに貧乏になってしまうんです。」