在宅ワーク調査部

在宅ライター、ブログ、アフィリエイト、副業、ネットバイト、クラウドワークスのリアルを書くブログです!

自己破産者の氏名と住所が検索可能な「破産者マップ」というサイトがやばい

www.hasanmap.tokyo
全国の自己破産者一覧が羅列されたHPが作られる!  氏名と住所から検索可能な「破産者マップ」というサイトがネットで話題

下の画像のように、グーグルマップを使って、自己破産者の氏名住所を表示することが可能なようだ
f:id:yamadatakasi:20190314211147j:plain

このサイトでは「直近1時間で検索された氏名」「サイトで検索されたキーワード」なども見れる。

サイトによると、「過去10年分の破産者の氏名や住所データが地図上にプロットされてる」ようだ、10年以上前の昔の自己破産者の名前は出ないようだ。

一体、何を考えて作ったんだ?

法律的に問題ないの?

弁護士ドットコムに「破産者情報のデータベースのようなものをつくり、それをウェブ上でそれを公開した場合、破産者に対する名誉毀損やプライバシーの侵害になりますか? 」という質問が過去にあったが、
www.bengo4.com

弁護士さんとしても、良いか悪いか判別できないグレーゾーンのようだ。

ちなみに、アニメ監督の山本寛(ヤマカン)さんが数日前に破産手続きをしたことが話題になったが、このサイトで検索しても出ない。

破産手続き中の人物名は出ないようだ。

名前を削除してもらうには「お問い合わせ」からお願いすれば消してもらえるかもしれない


ネットの反応や口コミは?

何の意味があるんだろ
削除するには金よこせかな?
特定個人に対する嫌がらせが壮大になってるのかな?

好意的に見れば、ニュース記事の補完用だろうな。
穿った見方をすれば、削除にはAmazonギフトを要求するとか?



事実なので名誉毀損には当たらない
侮辱罪は事実じゃなくても適用されるが
自己破産をしたことが人格を否定される事であるかは大きく疑問で
そうであるならば官報に載るはずがない

f:id:yamadatakasi:20190314212015j:plain
官報も電話帳も著作権はないから
著作権法を根拠にはできない。

官報の情報を当事者以外が他の第三者に知らせることは
損害賠償の対象にはならないという判例がある。

訴訟しても棄却だろうな。
詰んどるわい。



すでに自己破産手続きを終えた破産者のところに
手続きがまだ済んでいないという偽の手紙を送る手口があるとか聞いたから
このリストは悪徳業者を支援することになる

自分のアパートの隣の一軒家の人、破産者でワロタ
サンルームあって結構いい家なのにな
昔は車2台持ちで最近車を見ないと思ったら
破産してたのか…